--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.26
珍しく2度目更新。。

お魚ですが、早速というより、情けないことに白点病を出しております。
以前某所にいた頃は、「混泳するならトリートメントタンクを必ず使え」
みたいなことを偉そうに言ってたものですが。。全くその通りですな。
でも実際問題としては、使えない事情というのもあるのですよ。。
と、聞く耳持たない当時の僕に言いたいものです。

僕が住んでいる辺りでは生体を買えるようなお店が無いので、通販に頼らざるを得ません。
名前の通ったお店で買ったので大丈夫だろうと高をくくっていたのすが、トリートメントが不十分だったようで。
全部店のせいにしても仕方ないので、次からは自分でしっかり調整しますよ。
昔なら高温&1%食塩水浴で治療する所ですが、諸般の事情で高温と少量の水換えで対応しています。。
GWはしばらく某所にて旅を予定しているので、短期決戦で片付けたいのは山々なのですが。。


今日は天気が荒れてたので、午後からミノルタALSをレストアしてました。
世の中には古いカメラを自分で修理するのを楽しみにしている人もいらっしゃるようで。
僕も昔のカメラのギアやバネがぎっちり詰まった様子が大好きなのですが、
なかなか自分でやる勇気は起きませんでした。

そんな中、昨年ネットオークションで手に入れたミノルタALSのシャッター羽が粘ってしまったので、
練習がてら分解に挑戦してみたのです。
結果としては、ちょいとカニ目に傷つけたりもしてしまいましたが、
シャッターはとりあえず切れるようになりました。
ただ、パーツの組みなおしにどこか不備があったのか、ちょいとシャッターダイヤルに以前無かった引っ掛かりを感じるので、近々もう一度開けて点検してみようと思います。

複雑に色んな部品が噛み合って、見事に連動して一つの機械になっていて、
こんなのの設計図を書く人はすごい。
次に開けるときはもう少し仕組みが分かるんじゃないかと思いますので、じっくり観察しながらやってみます。

そういえば、以前読書日記で書いた中村航の「夏休み」にも、主人公の妻の友達の旦那さんが
カメラの分解修理を趣味にしていました。
何ヶ月か何年かかけて、一台の壊れたカメラを分解しては組み直してを繰り返して、徐々に故障箇所を見つけて直していくという…僕もそんな感じのノリでいきたいものです。

IMGP1150.jpg

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。