--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.10
IMGP1293.jpg

2009.5.6 琴ヶ浜
高知県安芸郡

Optio_W30


少し久しぶりの更新です。

GWは高知で東へ西へと調査に行ってきました。
親戚の家に泊めて頂いたのですが、何から何までお世話して頂き…本当に本当にありがとうございました。
おかげさまで調査の方も様々な場所を巡って巡って巡ることができて、サンプルも結構集まりました。
やはり現場に行って初めて気づくこと、予期しない発見があって、そうしてこっちに帰ってきてみると、
これまでウンザリするほど眺めたと思った自分のフィールドで、気づいていなかったことを発見したり。

少しずつサンプルを整理して、次のステップの準備をしていきます。

次のステップといえば、僕は今、主に2つの問題があって。
1つは今の研究。
卒論の次のステップとして取り組んでいるけれど、
去年は進学を決めたものの、今の研究室でいいのか結構悩んでいて。
この研究をやらせてくれる大学で、もっと環境の良い所があれば…と思っていましたが、
結局そのようなところを見つけられず。
でも、消去法ではあったけれど、実際に足を使っていくつかの大学の研究室に伺ってみた結果だったので、納得しています。
大事なことに限って、ついつい目を瞑りたくなるけれど、やっぱり自分で考えて決めたい。
そうやってみて、実際にどうにかできたこと。
だから、こっちの問題には今はどんどんぶつかっていきたいと思っています。
でも、来月は初めての海外で初めての発表かと思うと…正直怖い。。

2つ目は、次の進路のこと。
仮にこのまま研究を続けていくことになるとしても、それはやはり自分の選んだ結果であってほしい。
でも、どんな仕事なら僕にもできるのか、世の中にはどんな職があるのか、
僕はこの期になって未だ良く知りません。
一口に研究職といっても、どうやら僕はそれ自体にはあまり魅力を感じていないようで。
例えば研究者といっても色々な人がいて、「こんな人になりたい」と思う方もいれば、断じてそうでない方も。
一方で、すごく尊敬できる業績を残しながらも、研究の世界から離れて生きていく人もいて、
研究とは無縁の生活を送っている人で、魅力的な人はたくさんいて。
なので、自分を自然に任せて今の世界に縛り付けておくことは良くないと思っています。
でも研究室と家を往復する日々ではついついそうなってしまう現状があって。
こんな現状を変えていく動きを、去年進路を悩んだ時のように…あのときより難しいと思うけど、
手で探りながら、歩きながら。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。