--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.10
読書日記。高知行きのバスの車中で読んだ本の中から。


Story Seller 伊坂幸太郎 近藤史恵 有川浩 佐藤知哉 本多孝好 道尾秀介 米澤穂信



>これぞ「物語」のドリームチーム。日本のエンターテインメント界を代表する7人が、
>読み切り小説で競演!短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。
「BOOK」データベースより転載

だそうで。あいにく僕はこの中の4人しか知りませんけど。
それはともかく、ハズレではないだろうという確信の下に旅行中の暇潰しに借りたのですよ。
で、アンソロジーなんですが、なんというか、どの作品も暗かったり、陰があったり…
正直、もっと純粋な娯楽要素を期待していたんですけどね。。。
いつもこそばゆい作品を読んできた有川浩まで…。

そんなわけで、これから久しぶりの土地へ向かおうとしているときに、テンションが下がりまくりました。
作品としては、それぞれ良い感じだとは思うのですよ。少なくとも全くのハズレは無かった。

ただ、如何せん読んだときがマズかった。

それでも、特に良かったのは道尾秀介の「光の箱」。
この人の作品をちょいとかじってみようと思ってます
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。