--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.07
読書日記

椿山課長の七日間 浅田次郎

久しぶりのヒットです、これは。
思わず目頭が熱くなりました。
始まりは何度も吹き出してしまって、浅田次郎ってこういうノリの作品も書くんだと意外な感じでしたが、
ぐいぐいと物語に引き込まれました。

話の組み立てが巧いとか、表現が印象的だとか、そういうのだけではなくて、心に響くストーリー。
あぁ、それに引き換え僕は何でこんな陳腐な言葉で感想書いてるんだろうと。

唐突な自分の死に納得できず、仮の肉体で現世に戻る許可を得た主人公たち。
・時間厳守
・復讐の禁止
・正体の秘匿
限られた時間の中で、この条件だけは守らねばならない。
それぞれの思いを胸に、彼らは動き出す。

本当におすすめ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。