--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.28
生きて帰ってます。
とりあえず読書日記で再開。


アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品は基本的に外れないです。
非の打ち所が無いと言うか…、それが、この作家さんをいまいち好きになれない一番の理由です。
同業者ならともかく(?)、小説家にそんな屈折した気持ちを持つ意味など無いに等しいですが、
こんな文章を書く人なら、当然知識が豊富で、色んなことを感じて、物事を深く鋭く考えているのだろうと。
そんで人生のいろんな場面で常に良い状況判断をしているのだろうと、そんなことを考える僕はやはりレベル低いなと。
それで、作品も残酷な描写があったりもするのだけど、ラストは毎度気持ち良くまとまっていくので、
後味すっきり、娯楽としては最適で安心して読めます。

そんなはずだったんですけどね、この作品はちょいと毛並みが違うような。
薄々予感していましたが、予期しないところに着地するんだろうと高をくくっていたのです。。。



クジラの彼 有川浩

登場人物がことごとくこれまで読んだ作品のそれで(知らない人もいたけど、それはただ僕が読んでないだけなのか、初登場なのか分かりません)、そのサイドストーリーのような。
なので、そっちを読んで楽しめた人にはお勧めかも。
いつもの、男女のやり取りがこそばゆくなる有川浩の短編集。まぁ、ラブラブな恋人同士って案外こんなもんですけど。ラブラブなんて単語最近使ってなかったよ。言うのを躊躇う年頃になってきたのか。。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。