--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.08
砂漠 伊坂幸太郎

はいー、毎度毎度の良作。
主人公たちがどいつもこいつも魅力的な若者たちで、深刻な場面もありながら面白くまとめるのだから全くけしからん。
分かってるけど、自分に欠けてるものをびしばし見せ付けられました。
こうやって書いてるけど、本当に切実。



鬼の跫音 道尾秀介

道尾秀介の短編集。今回はいまいち。
いつもの気味悪い作風。短編過ぎるからか、残酷な描写ばかり目立っていて、
この人の作品の考えさせられる部分は希薄になっているような。
気味悪いだけの(小手先の)作品群をまとめて本にした感じ。
でも、純粋に怖さを押し出した映画とかでもお金は動くのだから、それはそれでいいのかな。
少なくとも、僕の求めているものでは無かったです。
基本、ここは読んでよかった本の紹介ですが、気になる作家さんは特別扱いなので、こうやって書きました。お勧めではありません。




Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。