--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.02
片眼の猿 道尾秀介

この人にしては珍しくハートフルな作品でした。
ハートフルの使い方間違ってるだろうと言われそうですが、本当にあくまで「この人にしては」。
でも実際、胸がちょっと温かくなったんですよ。
で、今回も騙されました。
んー、騙されたと言うよりは、道尾秀介の作品にはよくあるのですが、読みはじめから何だか違和感があって、その違和感の正体が明らかになる前に気づくことができなかった、という感じ。
それにしても、主人公が魅力的。歪んでるんだけど、健全な歪み方というか。
上手く表現できませんが、良い作品でした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。