--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.01
ちょっとは誰かの役に立ちそうなことも書こうと思ったの半分、ただ思い出したのが半分。

僕は…何年前だろう。かれこれ6、7年経つのかなぁ。その位前から、自分のPCを使って分散コンピューティングプロジェクトというものに参加しています。
最初はUD (United Devices)。世界規模での医療系分散コンピューティングの先駆けだったのではと思っています。
UDは、自分のPCの余剰処理能力を使用して、がんの進行に関係するタンパク質と、そのタンパク質の働きを妨げそうな分子の相性を計算して、新薬研究開発に役立てるお手伝いでした。
そうは言っても、自分でやるのはメンバー登録とソフトのインストールのみ。
あとは自動的にターゲットがダウンロードされて、解析結果も自動的に提出。
ソフトの優先順位は低いため、何か作業をしているときは大人しくしてくれるので、これでPCが重くなるということは無く、けれども例えば一見ネットでHPを閲覧しているだけの時間でも、影では常時CPU使用率100%で頑張っている状態です。

そんなUDが唐突に終わって…もう2年以上か。今はWCG (World Community Grid)で、引き続きがん関連の解析を手伝っています。
でも夏の間、下宿のPCは排熱を抑えるために小休止。
その間も大学に置いてある自分のノートPCが、冷房の効いた研究室で頑張ってくれました。
それでもHDDの温度が50℃超えたあたりからノートPCは底上げして使っていますが(^_^;。
もう少し涼しくなれば、また下宿のPCでも再開といきたいものです。

普段は、自動的に宿題をダウンロードして解析結果を提出の繰り返しなので、実感としてはボランティアしている感覚というのも薄いのですが、ひょっとしたら自分が今解析しているターゲットが、将来新薬を作る突破口になるかもしれない。そんなロマンに似た気持ちになれますよっと。

僕のPCで解析中…のスクリーンショット

がん撲滅支援プロジェクト
WS000003_2.jpg


ファイト!小児がんプロジェクト
WS000005.jpg

他にも、医療系なのもそうじゃないのも、色々な分散コンピューティングがあります。
興味のある方は懇切丁寧な解説をどうぞ。
Team 2ch @ BOINC
UDの頃から国内最大の2ちゃんねるチーム(チーム参加ができます)で最も情報が充実してます。
UDでは成績が世界一位でしたが、WCGでは後発だったため一転追いかける立場に。
でもどうなんやろ。見ない間に少なくともメンバー数は1位になったんかな。おめでとう。
今も昔のように外国チームとの熾烈な競争が繰り広げられてるんだろか。

「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」が彼らの合言葉。

僕も一枚噛んでいきますよ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。