--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.18
とうとう、というか、ついに、というか、携帯を新調しました。

ソフトバンク2G携帯のサービス終了間近という中、10月中に3Gに移行すれば手数料無料&残高+3000円引き継げますよというソフトバンクの甘言に押される形となりました。
今のままでも困ってないのに…まだこの携帯壊れてないのに…と不満を言い出したらソフトバンクショップのお姉さん相手なら何時間あっても足りませんが。
って、こんなこと書いたら社会的信用を失いそうだと恐れるあたり、
あんなことやこんなことも書いていた頃と大して中身は成長してないのに、
歳を食ったよな・・・と思う時というか何というか。

それは置いといて。

同時に、高校時代からプリペイドの恩恵に与っていたサービスも、後払い方式になりました。
今やプリペイドのほうが安いとは必ずしもいえなくなったけれど、
やはりライトユーザーはホワイトプランよりも安く使えるというのは変えがたい魅了でありまして。
どう足掻いてもこれからはそれ以上の負担をすることになります。
たくさん通話&メールする分には後払いのほうが安いのですが…僕、使わないもんな。

問題は端末の調達でした。
ソフトバンクには月月割というサービスがありまして、

>月月割とは、ソフトバンクのケータイをご購入いただいた際に、
>機種に応じた一定額を通信料から月々割引することで、
>お客さまのケータイ購入をサポートするサービスです。

だそうで。
あんた簡単に言うけど、この一文で理解できるほど明快なサービスなのかと毒づきたくもなるもんです。
結局ホワイトプランでも2年間毎月2000円以上かかる計算になってしまって、
なんだか癪なの半分、実際負担額が倍以上になるのは辛い、ということで、今回も白ロムを調達しました。
ここ何年か使ってきた機種も、元はネットオークションで落とした中古の白ロムでした。

白ロムとは携帯本体に電話番号とかの情報が入っていない、まっさらなものなのですが、
メーカー保証なしとはいえ、未使用品でも5000円前後からあるのは貧乏人には助かります。
安い機種でも電話とメールするのに不都合ないですし。

これで、月々支払う額が実質的に基本料金+メールサービスで済むなら、少々のリスクは踏みます。
一年以内に壊れても、また安い機種を調達すれば済むことではあります。

そんなわけで、携帯が新しくなって…なんだか液晶が綺麗(保護シール貼る人の気持が判る)、小さくなりすぎてキーが押しにくいよー、よく分からない機能があるんだけど…、と、かなりまごついてます。
こりゃ、しばらく説明書も持ち歩かないとなぁ…と、時代の流れに取り残され状態になってます。
付いていく必要もありませんが、ぼちぼち覚えていくさ。

ちなみに、番号とメールアドレスはそのままですので。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。