--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.23
恋文の技術 森見登美彦

僕は森見登美彦で初めて読んだ作品が比較的淡々としたものだった(と思う)ので、そのイメージがあるんですね。
後に読んだ作品でそれはことごとく粉砕されていくわけですが、これもその例に漏れず。
主人公が生物系の大学院生で、僻地の臨海実験所に飛ばされてクラゲを調べているという…そういう境遇には悲しいことに共感してしまうものがありました。
それにしても、作品の最初から最後まで、恋文を極めんとする主人公の手紙で構成されていくという…、こういうことが出来てしまうんですね。さすが。
そしていつもの縦横無尽に伸びる蔓の如くの混沌っぷりながら、着地点が素晴らしい。
余韻がじわじわきました。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。