--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.25
ただ今クリスマスイヴが終わろうとしております。
書き終わる頃には日付は変わっていることでしょう。
つかね、いま日本語で「イブ」か「イヴ」どっちが一般的な表記かグーグル先生に聞いたら、
クリスマスイブ 2,250,000件
クリスマスイヴ 2,370,000件
で、心底どうでもいいことを聞いたんだと気づきました。

当然の如く、とりたててなんもありません。
研究室で作ってくれたホットケーキに乗ったたけのこの里(いちごタルト味)で仄かに感じるクリスマス。
つかね、もう今年が終わってしまうことを焦ってるの半分、
「あ、まだ一週間ある…!」とまだ何かを諦めない気持ち半分。
クリスマスなんて心底どうでもよい!この日のために一緒にいるんじゃないでしょう?
と呟く相手が実は顕微鏡越しのサンプルだったりしたら本当に狂ってると思う。

それはそうと、昨日生まれて初めてグリーンカレーというものを作って食したのですよ。
ココナッツミルクの甘ったるい香りに、こんなもの入れるのか?と半信半疑でしたが、
とりあえずマニュアルを信じて作ったらなかなか美味い。
で、辛い。久しぶりにヒーヒー言いながら食べました。
僕は辛い物が好きなのですが、一般的なカレールウは「辛口」でも全然辛くない。
んで、カレーに興味を持ってきたし、通販でスパイスを買って自分で混ぜたりして…と思ってるのですが、
手間とコストを思うとなかなか手が出ない。
なんだかんだで一般的なルウが安上がりなのよな。で、どれも似たような味なのよな。
でも一回作ると何日もカレーなので、やっぱ何か拘りたいのです。
パスタも「主食とおかずが同時にできるから」という理由から、それでも飽きないようにと一通りソース(ボンゴレは魚介類の下ごしらえが面倒&お金かかるのでパス)を作っていたのですが、またそんな感じになるようなならないような。

そんな事を思いながら、今夜も昨日のグリーンカレーを再加熱して食したのです。
普通のカレーに比べてどんだけ日持ちするかわからないけど、やっぱり美味しい。
煮込み時間は短いのにスパイスが強いからか鶏肉にすぐ味がしみ込むような。
そんなひとりクリスマスです。
というか、なんなんだこの無関係な人間の日常まで巻き込んでクリスマスという単語が蹂躙しまくる日というのは。

とりあえず、グリーンカレーは見かけによらず辛い。それでいておいしい。
そんな静かな夜です。
って書いてみても、ただ今日がクリスマスというだけで漂うこの悲哀は(以下略。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。