--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.03
さて、そんなこんなで中古で手に入れてしまったレンズ EF-S 60mm F2.8 MACROです。
3万円か。。。と思った時、ふと水槽撮影用のレンズが欲しいなぁと前々から感じていたことに気付きまして。
マクロレンズは今100mm持ってるんだから、それは贅沢じゃないかと押しとどめていたのですが、
EOS 40DのようなAPS-Cフォーマットで水槽撮影用には少々(ってか、かなり)使い勝手が悪いなぁと思っていたのも事実。
同じ3万円でもお釣りがくるし、何よりPCのパーツ交換はPCがスペックアップするだけですが、こっちは全くの新機材。撮れる被写体の幅は確かに上がる。

ただ、一方でEF-Sというデジタル専用の規格というのも躊躇いはありまして。
というのも、僕はフィルムのEOSも使いますから。
できることなら、35mmでも使えるレンズがいい。。
そうするとシグマの50mmかなぁとしばし悩みましたが、キヤノンのUSMとフルタイムマニュアルフォーカスの組み合わせはなかなか使い勝手が良い。。。もう迷いは断ち切った!
これは時代の流れ、これからはフィルムの足枷にデジタルが縛られてはならないと、
これっきり予算(?)をこのレンズに投入しました。

実は、撮影機材は研究にも転用できるというのもあるのですが。。。

で、中古を探し回って購入し、ぱしゃぱしゃと使った感じでも、なかなかに宜しい。
まだライティングや映り込みの課題が山ほど残っているものの、機材は一通りそろっているので、
セッティングを詰めればあとはかなりスムーズにいけるでしょう。いけるはず。

うぃ、これはSnowmanが復帰するやもしれません。

IMG_2404.jpg

まだまだですが。。
でも、とりあえず適当にパシャっとやってこれくらいということなら、まず満足。
こんなん殖えてます。くらいの報告ならこれでもいいかな。
それにしてもこの子は産卵数が少ない上に孵化に時間かかるしブライン取れるまで成長するにも時間がかかる。
初回の挑戦で採れたのはこの1匹だけ。
今再挑戦中(今回は3匹採れました。。やっぱ少ない)

IMG_2409.jpg

僕にしては珍しく、こんなのもいてます。
とても人懐っこくて、すぐに手から餌を摂るようになりました。
丈夫で、保温いらずで、よく慣れて、サイズが手ごろなペットフィッシュ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。